採用情報

できるだけ早く出世するには?出世するための3つの特徴! 名古屋市北区で税理士なら三宅正一郎税理士事務所

三宅正一郎税理士事務所

税理士コラム

できるだけ早く出世するには?出世するための3つの特徴!

2020.09.11

あなたはできるだけ早く出世したいと思っている人ですか?それともそうでもない人ですか?若くて、エネルギーが強いうちは、向上心が強く、人よりも上の立場に立ちたいと思います。当然、上の立場になるには、出世を成功させなければなりません。では、どうすれば人生の早いうちから、出世することができるのでしょうか。今回は できるだけ早く出世するには 出世するための3つの特徴について詳しくご紹介します。

出世とは一体何か?

出世の定義とは何か

みなさんは「出世」とは、一体どんなものと思いますか?今回は出世とは「人の上に立って、高い地位につき、高い報酬と強い権限と名声を得ること」と定義させていただきます。
また、一般的に「出世」とは、自分の持って生まれた才能と人間性(思考)に加え、後から身に着けた処世術を駆使することによって、多くの人たちをかき分けて、高い地位に昇り詰めていくこととされています。

出世欲とは、人が自然に持っている欲の中一つ

出世は食欲・性欲などには及びません。ところが、人が生まれながらに持っている欲の中の一つです。人はある程度、食欲・性欲が満たされ、安全な立場に居ると、次は周りの人たちの上に立ちたいと考えるようになります。特に強い野心の持ち主であれば、出世欲は顕著です。出世欲は、若いうちが強く、ギラギラした出世欲を漲らせる人もいます。

出世につながる3つの段階

人が出世していくためには、次の3つの段階を経験しながら昇っていく必要があります。まず、小さなグループで出世するには「チームのムードメーカー」になることです。次にプロジェクトを動かしていくことができる「プロジェクトリーダー」の段階です。そして、複数のプロジェクトリーダーを同時に動かすことができる「マネジャー」になることです。大きく出世するには、仕事ができることではなく、仕事をできる人たちを多く使って、大きな成果を上げることです。

出世できない人の3つの特徴

自分のことしか考えられない人

出世できない人の1つ目の特徴が「自分のことしか考えられない人」です。実は意外にも、出世出ない人とは、仕事ができる人や頭がいい人が多いという傾向があります。一般的に、仕事ができる人や頭がいい人は、自分のことは自分で何でもできてしまいます。自分のことは自分で何でもできることは大変良いことです。ところが、人によってはそれが悪く作用してしまい、自分のことしか考えられない人になってしまうことがあります。人のことを考えられず、自分のことしか考えられないと出世ができにくくなります。

ネガティブ思考の人

出世できない人の2つ目の特徴が「ネガティブ思考の人」です。リスクヘッジ(危機対策)やリスクマネジメント(危機管理)に長けている人であれば問題ない人です。ところが、いたずらにリスクを煽ったり、失敗することへの不安をイメージさせてばかりいる人になると問題です。いわゆるネガティブ思考な人です。ネガティブ思考な人は、どうしても「リスク」や「ミス」や「失敗」に過度に敏感です。そのため、周りにいる人たちは不安感が強くなり「ミス」や「失敗」を警戒するようになり、前向きさをなくす組織になります。よって、ネガティブ思考な人も出世から縁遠くなります。

仲間の成功を嫉妬する人

出世できない人の3つ目の特徴が「仲間の成功を嫉妬する人」です。会社や組織には、どうしても仲間の成功が妬ましく考える人がいます。彼らは、自分の成功は賞賛に値するが、仲間の成功は目障りで、価値のないものと考えます。ちょっとでも仲間が上手くいくと、心の中で悔しがり、失敗するように足を引っ張ろうと考えます。当然、仲間からは疎まれていくので、出世はできなくなります。

出世できる人の3つ特徴

仕事が好きで、成果が出せている人

出世できる人の1つ目の特徴が「仕事が好きで、成果が出せている人」です。一般的に出世するには、まずその仕事のことが好きで、その仕事で成果を出していることが大前提です。

逆に、仕事が嫌いで、成果が出せていないと、一体なんのためにその仕事に対して、貴重な時間を費やしているのか、無意味なものになります。人は仕事が好きだと、もっともっと上手くなりたいと考え、良い成果を出したいと考えるようになります。すると、出世が近づいてきます。

敵が少ない人

出世できる人の2つ目の特徴が「敵が少ない人」です。実は出世の大敵ともいえるのが「敵が多い」ことです。敵が多いと、どんなに頑張っても横やりを入れられたり、見えないところで足を引っ張られることがあります。会社内で、全く敵を作らないことは難しいことです。なので、できるだけ敵の数を少なくすることで、出世しやすくなります。

仲間を育てられ、マネージメントができる人

出世できる人の3つ目の特徴が「仲間を育てられ、マネージメントができる人」です。1人の能力には限度があります。ところが、仲間を育てることができると、多くの人たちの能力をグレードアップすることができます。そして、さらに仲間をマネージメントできることで、適材適所に人を配置することができ、多くの人たちの能力を有効に使うことができます。すると、大きな力が生まれます。会社として、まとまって大きなプロジェクトを行うことができ、結果大きく成長することができます。よって、仲間を育てられ、マネージメントができる人は大きく出世することができます。

まとめ

・出世欲とは、人が生まれながらに持っている欲の中の一つ

・敵が少ない人は、会社で出世しやすい

・仲間を育てられ、マネージメントができる人は大きく出世することができる


【 起業支援 ・節税対策なら名古屋市北区の三宅正一郎税理士事務所にご相談下さい】

三宅正一郎税理士事務所 TOPへ戻る

名古屋市北区の三宅正一郎税理士事務所なら

完全成果報酬でサポート。

開業資金調達に大きく貢献することが出来ます。
創業融資はもちろん、会社設立、節税コンサル、決算確定申告など、
会社・税務に関する様々なサービスで御社をサポート致します。