採用情報

モチベーションを維持するスキル~誰かのために~ 名古屋市北区で税理士なら三宅正一郎税理士事務所

三宅正一郎税理士事務所

税理士コラム

モチベーションを維持するスキル~誰かのために~

2019.08.4

頑張ろうと思っても、頑張れなくなるときはありませんか? 目標を立てて、それに向かって努力をしても、なかなか報われない。やろうと思っているのにイマイチやる気が出ない。そんなときは、誰かの歯車になることで、モチベーションに変えられるかもしれません。

会社の歯車

どこかに所属していれば、その環境に貢献することが求められます。
個人の目標を達成しているときは良いかもしれません。
しかし、どんなに会社のために働いても影響力が弱く、次第に操られた駒のように感じてしまうと、「ああ、結局会社の歯車でしかないんだ」と嘆くようになってしまいます。
知人の一人に、とても忙しく充実して仕事に邁進する日々を送っている人物がいました。
当時はやりがいもあり、社会で活躍している実感があったそうです。
しかしだんだんと、これが自分のやりたいことだろうか、他の人でもいいんじゃないか、などと疑問に思うようになっていきました。
しかし仕事への責任は感じています。徐々に目の前の仕事をこなすことばかりに集中し、自分が辞めたら回らなくなる、そう思って必死になっていったそうです。
確かに一人欠ければ職場に迷惑はかけますし、同僚からは恨まれるかもしれません。
ただ、実際には一人が辞めたことで会社が潰れるほどの損害には滅多になり得ません。
残酷な話ではありますが、結局代わりはいて、誰かがやることになるのです。
先の知人は、最終的に身体を壊して転職したそうです。
そうなる前に、もし自分が自分でなくなるようなら、本当にやりたいことを実現できる場所を探したほうが得策かもしれません。

自分の歯車

自分のために頑張れるなら、それが一番良いでしょう。
私自身も、将来やりたいことに繋がっていて、確実に近づいていると実感できる仕事は、それだけでワクワクします。
仕事の内容が直結しなくても構いません。
海外旅行に行きたい、だからいつまでにいくら貯める、と決めていれば、確実に目標や目的に近づいていきます。
常に大きくても小さくてもいいので、次はこんなことがやりたいという夢を持っておくと、きっと楽しくなるはずです。
やりたいことやどうなりたいかが思いつかない場合は、こうならないようにする、これだけはやりたくない、というマイナスのほうを考えると、モチベーションになりやすいと言われています。
負の感情は良くないと思いがちですが、逆の発想をするならば、それだけ強力な想いであるとも言えます。
最悪の状況を想定するか、既に不満があるならそこから抜け出そうと努力するだけでも、毎日の仕事に大きな意味が乗っかってきます。

他人の歯車

日々目標を掲げ、一生懸命取り組んでいても、それを何年も維持していくのは大変です。
やっぱり辞めようかな、こんなことをしていて意味があるのかな、とふと弱気になることは、おそらく誰しもが経験しているのではないでしょうか。
それは決して悪いことではありません。その代わり、発想を切り替えることが大切です。
私の周りには、仕事を通じて人生の師のような存在と出会い、その人への恩返しのために頑張る人がいます。
あるいは親孝行や家族のために頑張る人もいます。
現在ご自身の親や祖父母が在世していて、一緒には暮らしていないとしましょう。
年に一度帰省する場合、彼らはあと何年生きるでしょうか。
仮に65歳で、平均寿命まで15~20年ほどだと考えると、単純計算してあと15~20回しか会えないことになります。
果たして悔いは残らないでしょうか。病気になってから気づくのでは遅いかもしれません。
自分の夢や目標だけでは頑張れないときは、誰かのために仕事をすることで、とても大きな原動力になります。

まとめ

・必要以上の責任を感じ、会社の歯車にならないようにする
・大きくても小さくてもいいので、次はこんなことがやりたいという夢を常に持っておく
・こうならないようにする、これだけはやりたくない、というマイナスの感情をモチベーションにする
・自分の夢や目標だけでは頑張れないときは、誰かのために仕事をする

【 起業支援 ・節税対策なら名古屋市北区の三宅正一郎税理士事務所にご相談下さい】

三宅正一郎税理士事務所 TOPへ戻る

名古屋市北区の三宅正一郎税理士事務所なら

完全成果報酬でサポート。

開業資金調達に大きく貢献することが出来ます。
創業融資はもちろん、会社設立、節税コンサル、決算確定申告など、
会社・税務に関する様々なサービスで御社をサポート致します。