採用情報

名古屋市北区で税理士なら三宅正一郎税理士事務所の税理士コラム

三宅正一郎税理士事務所

税理士コラム

2020.11.30

年末調整でも受けられる所得金額調整控除を税理士が完全解説!

令和2年分から「所得金額調整控除」の適用が始まります。所得金額調整控除とは、一定の要件を満たす人の給与所得に対する控除です。年末調整でも受けられるものと確定申告でしか受けられないものに分かれますが、この記事では、年末調整でも受けられる所…

2020.11.27

「仕事ストレス」の原因と解消法!

あなたは仕事でのストレスを上手に解消できる人ですか?解消できない人ですか?ビジネスパーソンによっては、仕事で発生したストレスを上手に解消できない人もいます。ストレスは溜まり過ぎると、やがて仕事に悪影響を及ぼします。では、仕事ストレスを解…

2020.11.25

第24回 創業融資を受けた後、事業が上手くいかないとき

創業融資を受ける際、収支予測を立て返済が可能と判断してから、融資を受けると思います。しかし思ったように売り上げが確保できないなど、収支が見込み通りにならず資金繰りが厳しくなることは、実はよくあることです。ここでは創業融資を受けたものの、…

2020.11.20

「ABテスト」で思い付き行動脱却!同時進行で成果率が一目瞭然!

あなたは「ABテスト」をする人ですか?それともしない人ですか?ビジネスにおいて、目的を達成するためには、戦略が必要になります。その戦略が上手く機能すれば、成功を手に入れることができます。ところが場合によっては、その戦略が悪影響を及ぼし、…

2020.11.18

海外出張手当は消費税の課税仕入れになるか【税理士が丁寧に解説】

会社から役員や従業員に支給する出張手当・出張旅費は、その旅行のために通常必要な金額であれば給与として課税されないこととなっています。これは、所得税の非課税所得にあたるからです。では、これを支出した会社はどうなるかというと、その全額を法人…

2020.11.13

「リストラ」はピンチではない!逆にチャンスだ!

あなたはリストラの経験がありますか?一般的にリストラのイメージといえば、どちらかといえばネガティブなイメージがあります。ところが、考え方を変えると、逆にポジティブなものに変わります。今回は 「リストラ」はピンチではない 逆にチャンスだ …

2020.11.09

海外で生じた所得にも日本の所得税がかかります【確定申告・年末調整時に注意】

外国人従業員を雇っている会社では、従業員から「私は確定申告をする必要があるでしょうか?」といった助言を求められることがあると思いますが、安易な回答は控えたほうが無難です。日本の「居住者」にあたる人は、海外で生じた所得にも日本の所得税がか…

2020.11.06

「SNS発信」することで、あなたに人と情報が集まってくる!

あなたはSNS発信をする人ですか? しない人ですか?最近は、あらゆるSNSが乱立しています。テキスト系のものから、画像系・動画系と様々です。ところでSNS発信が、あなたのビジネスに役に立つことはご存じでしょうか。今回は「SNS発信」は、…

2020.11.04

外国人従業員も扶養控除や配偶者(特別)控除・障害者控除の対象を受けられる?【確定申告・年末調整前にチェック】

日本で働く外国人従業員が「居住者」にあたるとき、母国に残してきた「非居住者」である妻子などに送金して生活を支えている場合には、要件を満たせば扶養控除・配偶者(特別)控除・障害者控除を受けることができます。ただし親族が海外に住んでいるとい…

2020.11.02

海外勤務の従業員の給与に対する源泉徴収の必要性や注意点について

海外支店などに勤務する従業員に、日本の会社から給与を支払う場合の源泉徴収の必要性や注意点について解説します。 海外勤務の従業員に源泉徴収は必要か 海外勤務の従業員に対し、日本の会社から支払う給与について源泉徴収が必要かどうかは、まずその…

2020.10.30

「プレゼンスキル」アップで提案承認度が爆上がり!

あなたは「プレゼンスキル」がある人ですか?それともない人ですか?ビジネスシーンでは、ある商品をお客様に提案する時には「プレゼンテーション」が行われます。プレゼンスキル次第では、大きな金額の商談がまとまることがあります。では、プレゼンスキ…

2020.10.28

第23回 創業融資の合わせ技、協調融資

創業時の融資は日本政策金融公庫が行っている創業融資、信用保証協会が保証して民間金融機関が行う制度融資、民間金融機関独自で行う創業融資があります。これまで解説してきたように、それぞれに特徴があり通常は自分に合った創業融資を選択することにな…

2020.10.26

日本で働く外国人に支払う給与の源泉徴収について

外国人従業員に支払う給与の源泉徴収税額は、その外国人従業員が「居住者」か「非居住者」かで変わります。今回は、日本で働く外国人に給与を支払うときの源泉徴収について解説します。 居住者・非居住者とは 外国人従業員の給与から源泉徴収が必要にな…

2020.10.23

「切り返しトーク術」を制する者が営業での勝者になる!

あなたは「切り返しトーク」ができる人ですか? それともできない人ですか?営業の現場であれば、必ず出くわすのがお客様からの「お断りの言葉」です。「また、次回ということで・・・」「今回はご縁がなかったということで・・・」「後ほど、ご連絡させ…

2020.10.21

第22回 創業融資を受ける時、団体信用生命に加入したほうがいい?

日本政策金融公庫の融資を受ける際、条件に合致すれば団体信用生命保険に加入することができます。住宅ローンでよく聞く団体信用生命保険ですが、あまり馴染みがない人の方が多いのではないでしょうか。ここでは創業融資において利用が可能な団体信用生命…

2020.10.19

居住者・非永住者・非居住者の区別と課税範囲について税理士が解説

個人の所得税の課税範囲は、その個人が「居住者」か「非居住者」か、また「居住者」であれば「非永住者」か「それ以外」かによって変わります。居住者と非居住者は、外国人を雇用することがある会社や、海外支店での勤務がある会社などにとっては、該当す…

2020.10.16

税理士も実践!「タスク管理」することでチーム作業が効率化する3つの理由!

あなたは「タスク管理」ができる人ですか?それともできない人ですか?ビジネスの現場は、次々に新しい案件が飛び込んできます。人によってはいくつもの案件を同時にこなす人もいます。そんな中、大いに役に立ってくれるのが タスク管理 です。では、タ…

2020.10.14

医師・歯科医師の確定申告に使える概算経費について税理士が解説

個人の医師・歯科医師、医療法人の社会保険診療報酬が年間5,000万円以下の場合、その年(事業年度)における経費を概算計上することができます。(租税特別措置法第26条、第67条)一般的に小規模な医院で適用しやすい特例ですが、今年はコロナ禍…

2020.10.09

「先見性」を手に入れることで、獲得できる3つのメリット!

あなたは「先見性」を持っている人ですか、それとも持っていない人ですか?ビジネスの現場では「先見性があったから、助かった!」「先見性のなさが、現在の惨状を招いている」など、先見性にまつわる話はよく聞かれます。ただし一般的には先見性は、あっ…

2020.10.07

第21回 創業融資は個人、法人どちらが有利?

創業する際、事業を個人で行う場合と法人を設立して行う場合があります。個人、法人それぞれにメリットデメリットがあり、創業する事業の内容や規模からどちらかを選択することになります。では個人か法人、創業融資を受けるにあたりどちらが有利なのでし…

1 2 3 4 5 11

名古屋市北区の三宅正一郎税理士事務所なら

完全成果報酬でサポート。

開業資金調達に大きく貢献することが出来ます。
創業融資はもちろん、会社設立、節税コンサル、決算確定申告など、
会社・税務に関する様々なサービスで御社をサポート致します。