採用情報

「要約力」が強くなるとビジネスが楽しくなる3つのメリット! 名古屋市北区で税理士なら三宅正一郎税理士事務所

三宅正一郎税理士事務所

税理士コラム

「要約力」が強くなるとビジネスが楽しくなる3つのメリット!

2020.07.24

みなさんはお客様に、自分のいいたいことをしっかりとお伝えできていますか?ビジネスの場において、自分のいいたいことを、的確にお客様にお伝えすることができれば、お客様の納得度は間違いなく高くなりますよね。また納得していただければ、成約率も高まります。ところで、自分のいいたいことをしっかりと伝える上で欠かせないのが「要約力」です。今回は「要約力」が強くなるとビジネスが楽しくなる3つのメリットについて詳しくご紹介します。

「要約力」とは一体何か?

「要約力」を一言でいうと?

ところでみなさんは「要約力」とは一体何かご存じでしょうか?「要約力」を一言でいうと「わかりやすく簡単にまとめる力」のことです。ただし単に、わかりやすく簡単にまとめているだけではダメです。わかりやすく簡単にまとめられていながら、人が理解でき、人の心を動かすところまで仕上がっている必要があります。もしも、あなたが「要約したもの」を人が見ても、何も感じなければ、それはただの理屈や理論であり、ビジネスでは意味のない話になります。

要約されたものとは直観的に理解ができるもの!

「要約されたもの」とは、自分や第3者の他人が見ても、直観的に理解ができるものです。もしも何度も質問しなければ意味がわからない時は、まだしっかりと要約されていないことになります。例えば、携帯電話を一度も見たことがない人に、要約して携帯電話について説明したとします。相手が直観的に携帯電話のことを「持ち運びができる小型の電話機」と理解してくれれば、それはしっかりと要約されていることになります。

「要約力」が弱いと起こる3つのデメリット!

①自分の仕事のポイントがわからない!

「要約力」が弱いと、いつまで経っても、自分の仕事のポイントがわかりません。みなさんの周りにベテランにも関わらず、イマイチ仕事のポイントを掴んでいない人がいませんか。いつも一生懸命にやっているにも関わらず、何かちょっとずれている人がいますよね。おそらくは、長く仕事は続けていても、自分の仕事のポイントを要約できないので、余計なことまで全力で仕事をされているのではないかと思われます。

➁人とのコミュニケーションがとれない

「要約力」が弱いと、自分の考えをまとめることができませんし、逆に相手の考えていることもまとめることができません。結果、お互いが的外れなコミュニケーションをすることになります。全く接点も見つからず、頑張った割には消耗して徒労で終わってしまうこともあります。また、あの人とは関わっても無駄だと思うようになり、人脈を構築できないこともあり得ます。

③何を選んでよいのかわからない

「要約力」が弱いと、何を選んでよいのかわからなくなります。一般的にビジネスとは「決断の連続」です。多くの情報の中から、できるだけ早く「最適解」を見つけ、実行しなければなりません。ところが「要約力」が弱いと、情報だけをたくさん集めてしまいがちです。ただし集めても、まとめることができないので、何を選んでよいのかわからず、いつまで経っても判断できなせん。最後は時間切れになり、しかたなく勘に頼って選んでみたもの、的外れな場合が多く、大きく判断を外してしまうことになります。

「要約力」が強いと起こる3つのメリット!

①仕事がスイスイはかどる

「要約力」が強いと、仕事がスイスイはかどります。「要約力」が強い人は、自分の仕事のポイントを即座に理解できます。また仕事を続けているうちに、より効率的な方法を見つけ、無駄な作業をどんどん省いていきます。するとますます効率が上がり、利益も上がります。さらに、周りにも好循環を起こし、周囲に仕事ができる「要約力」が強い人たちが集まってくるようになります。そしてみんなで楽しく、質の高い仕事をすることができるようになります。

➁人とコミュニケーションをとることが楽しくなる

「要約力」が強いと、人とコミュニケーションをとることが楽しくなります。その理由は、自分の考えをしっかりと人に伝えることができ、逆に相手の考えも理解できるからです。
すると、コミュニケーションが円滑になり、もっといろんな人としゃべりたい、もっといろんなことを話してみたいと思うようになります。仮に、お互いが合意できない点が合っても、逆にお互いが合意できる点から、どんどん合意を積み重ねていき、プロジェクトが次々とはかどり、達成していきます。最終的には、お互いが合意できなかった点もすり合わせに成功します。このように「要約力」が強いと、お互いが相手のことを直観的に理解できます。そしてお互いの良い点だけを先に認め合うことで、コミュニケーションが上手くいきます。

③「最適解」がすぐにわかってしまう!

「要約力」が強いと「最適解」がすぐにわかってしまい「決断」が失敗しなくなります。
ビジネスとは、まさしく「決断の連続」です。1つ片づけても、次々決断の機会がやってきます。しかも、決断したことは失敗ができないので、ストレスが溜まります。ところで「要約力」が強いと、どんな難しい案件でも、すぐに「最適解」がわかってしまい、最短で決断することができます。しかもその判断は「核心」をついているので、大きく外すことがなく、大体において成功することができます。また、決断が早く、的を得ており、しかも成功するので、多くの人たちから信頼を得ることができます。

まとめ

・要約力とは、わかりやすく簡単にまとめる力のこと

・要約力がないと、ビジネスが楽しくなく、やがて行き詰ってしまう

・要約力があると、判断が的確になり、仕事が成功して、ビジネスが楽しくなる


【 起業支援 ・節税対策なら名古屋市北区の三宅正一郎税理士事務所にご相談下さい】

三宅正一郎税理士事務所 TOPへ戻る

名古屋市北区の三宅正一郎税理士事務所なら

完全成果報酬でサポート。

開業資金調達に大きく貢献することが出来ます。
創業融資はもちろん、会社設立、節税コンサル、決算確定申告など、
会社・税務に関する様々なサービスで御社をサポート致します。