採用情報

肯定的でいるとチャンスが巡ってくる! 名古屋市北区で税理士なら三宅正一郎税理士事務所

三宅正一郎税理士事務所

税理士コラム

肯定的でいるとチャンスが巡ってくる!

2020.08.7

みなさんは、物事を肯定的に考える人ですか?それとも否定的に考える人ですか?普通に生活していると、良いことや、悪いことがランダムに次々起こりますよね。当然良いことが次々に起こった方が、幸せな人生やビジネスライフを送ることができます。ところで、良いことや、悪いこと というのは、あくまで当人目線で判断しているだけです。実際は良い悪いではない、ただの「現実(現象)」が目の前を通過しているだけです。みなさんの目の前を通り過ぎる「現実(現象)」を、仮に全て良いことにしようと思うのであれば、物事を肯定的に考えられるようになる必要があります。ただ果たして、そんなことができるのでしょうか。今回は肯定的でいるとチャンスが巡ってくるについて詳しくご紹介させていただきます。

世の中には3タイプの人間に分かれる

世の中は、大きく分けると3つのタイプの人たちに分かれます。何でも肯定的な人、何でも否定的な人、どちらでもなく日和見的な人です。また、同一人物でも状況や話題によって、タイプが入れ替わることがあります。ただし、年齢を重ねるごとに、極端ではないですが、この3つのどれかに固定化されていきます。

何でも否定する人たちとは?

何でも否定する人は自分の理想を追求する人でもある

良いか悪いかは別にして、世の中には、何でも否定する人がいます。何でも否定する人は、一般的にはマイナス思考な人、ネガティブ思考な人といわれています。ところが、実際彼らと会話をしてみると、それほどマイナス思考でも、ネガティブ思考でもありません。むしろポジティブなところも見られます。実は、何でも否定する人とは、マイナス思考でも、ネガティブ思考でもなく、自分の理想を追求している人であります。そのため、自分の考えと他人がちょっとでも違うと、いちいち否定してきます。この点が何でも否定する人と誤解されている点です。何でも否定する人は、気持ちが繊細な人が多く、傷つきやすいので、自分の理想が傷つけられたと思うと、いちいち火消のために否定してくるのです。彼らは常に自分の中で、自分の理想を理論構築しており、相手から挑まれれば議論や口論も受けて立ちます。まとめると、何でも否定する人というのは、実は他人に対して否定的なのではなく、他人の何気ない意見が、自分の考える理想をキズつけたと勘違いして、他人の意見を否定しているのだけではないでしょうか。

何でも否定する人は現実的な行動ができてない人

何でも否定する人は、自分から現実的な行動がとれてない人でもあります。現実的な行動をとり続けている人は基本的に忙しいので、他人の考えや行動に、いちいちかまっているヒマがありません。そのため「否定的な意見」自体が思いつきません。ところが何でも否定する人は、そもそも何も現実的な行動はとっていない人が多いです。そのため頭の中で考える時間だけは、山ほどあります。頭の中で考える時間が多い人ほど、物事を否定的に考えてしまいがちです。どんな人でも、行動をせずに頭の中で考えてばかりいると、否定的な考え方になる傾向があります。

何でも否定しているとチャンスは巡ってこない

前章でお伝えしたように、何でも否定的な人とは、何も現実的な行動をとらずに、頭の中だけで考える時間だけは山ほどある人と申し上げました。よって、そもそも何も行動をしていないので、チャンスと出会えるわけがないのです。また仮にチャンスと出会っても、普段から何も現実的な準備をしていないので、チャンスをつかんでも生かせないのです。まとめると、何でも否定する人とは、普段から現実的な努力をせずに、自分の理想を守ることに力をそそいでいる人たちです。よって、実力もついていないので、仮にチャンスに出会っても怖くて手が出せない人、といった方が正しいかもしれません。

何でも肯定する人たちとは?

何でも肯定的な人とは現実的な行動をとっている人

一般的に物事を肯定的に考えることができる人とは、プラス思考やポジティブ思考を持っているといわれています。確かに元々の思考が、プラス思考やポジティブ思考を持っていることで、物事を肯定的に考えることができるということはいえます。ただし、元々の思考ばかりではなく、常に現実的な行動をとっていることも大きく関係しているのではないでしょうか。現実的な行動をとり続けることで、余計なことを考える時間がなく、否定的な考えが入り込む余地がないからこそ、肯定的になっているのではないでしょうか。

何でも肯定的な人とは挑戦ができて、結果を受け入れることができる人

一般的に何でも肯定的な人とは、プラス思考やポジティブ思考の持ち主といわれていますが、本当にそれだけでしょうか。何でも肯定的な人とは、現実的な挑戦ができて、仮に思ったような結果にならなくても、その結果を受け入れることができる人ではないでしょうか。
当然ですが挑戦すれば、成功もしますが、成功以上に失敗も多く味わいます。誰でも成功だけをしたいところですが、失敗もバーターでやってきます。この時、失敗したことに関して、受け入れることができると、挑戦したこと、行動したことに関して否定的な考えはなくなり、これまでのことを肯定的に考えることができるようになります。成功だけではなく、失敗を受け入れることができることで、肯定的な考え方ができるようになります。そしてそれが、より良い未来へつながっていきます。

何でも肯定しているとチャンスは巡ってくる!

何でも肯定的な人というのは、現実的な行動をとり、挑戦をし続けて、仮に思ったような結果にならなくても、その結果を受け入れることができる人と申し上げました。よって、何でも肯定的な人は、そもそも挑戦をし続けているので、チャンスと出会える頻度が高くなります。また、普段から現実的な準備をしており、成功するための思考になっているので、チャンスをつかんで生かすことができるのです。まとめると、何でも肯定的な人というのは、常に挑戦を続け、成功も失敗も多く経験して場数をこなしたことで、実力もつき、気軽にチャンスに手が出せる人といった方が正しいかもしれません。

まとめ

・否定的か、肯定的かの違いは、元々の思考の違いではなく、現実的な挑戦をしているか、していないかの違い

・頭の中だけで考えていると、誰でも否定的になってくる

・現実的な挑戦を続けていると、チャンスに出会いやすくなり、またチャンスをつかんで成功する基礎体力が付いてくる


【 起業支援 ・節税対策なら名古屋市北区の三宅正一郎税理士事務所にご相談下さい】

三宅正一郎税理士事務所 TOPへ戻る

名古屋市北区の三宅正一郎税理士事務所なら

完全成果報酬でサポート。

開業資金調達に大きく貢献することが出来ます。
創業融資はもちろん、会社設立、節税コンサル、決算確定申告など、
会社・税務に関する様々なサービスで御社をサポート致します。