採用情報

成果は簡単に出せる!成果が出せる人の4つの特徴とは! 名古屋市北区で税理士なら三宅正一郎税理士事務所

三宅正一郎税理士事務所

税理士コラム

成果は簡単に出せる!成果が出せる人の4つの特徴とは!

2020.08.28

あなたは成果が出せる人ですか?それとも出せない人ですか?世の中には、遊び半分に仕事をやっているように見えて、きちんと成果を出している人もいます。ところが逆に、根詰めて、涙ぐましい努力をしているにも関わらず、輝かしい成果を出すことができない人もいます。両者の違いは一体何でしょうか。今回は成果は簡単に出せる 成果が出せる人の4つの特徴とはについて詳しくご紹介します。

成果とは何か?

成果が「何か」をはっきりと決めないと良い結果が得られない!

ところで、あなたは「成果」とは、一体どんなものと考えていますか?今回は成果を「達成することで得られる目標(目的)」という定義で、ご紹介させていただきます。またこの時、同じことを繰り返すことで得られる結果は成果とは呼ばず、現状維持とさせていただきます。成果とは最低でも、現状維持を超えた結果とさせていただきます。成果とは「棚からボタ餅」のように、偶然に得られた幸運ではなく「目標(目的)」を持って行動を起こし、その結果が上手くいったことで得られる「目標(目的)」とします。よって、行動を起こすための「目標(目的)」が、一体何かというのが、一番大事になります。まとめると「目標(目的)」を、はっきりと決めないと、良い結果が得られず、成果も出せないということになります。

成果以外は全て失敗ではない

一般的には、良い結果が出たことが「成果が出た」といわれます。また逆に、悪い結果になったことを「失敗した」といいます。ところで、本当にそうでしょうか。成果の定義は、前章でご紹介しました。では失敗の定義とは、一体どんなものでしょうか。今回は失敗の定義を「得るものがない状態」のこととします。なので、成果を出せなくても得るものがあれば、それは単なる「悪い結果」ということになります。仮に、失敗から学べるものがあれば、それは「悪い結果」なだけであって、価値があることといえます。ただし、注意していただきたいのは、ケアレスミスは論外です。ケアレスミスとは、うっかりミスであって、今回ご紹介している「失敗の定義」とは全く別物です。

成果が出せない人の4つの特徴

同じ作業を続けているだけで、何も新しい行動をしない

成果が出せない人の1つ目の特徴が「同じ作業を続けているだけで、何も新しい行動をしない」ことです。当然のことですが、同じ作業を続けているのは、ただの現状維持です。なので、成果を出すためには、同じ作業以外に新しい行動を開始する必要があります。この現状維持を上回るための行動を開始して、良い結果が出ることでついに成果が発生します。

完全主義

成果が出せない人の2つ目の特徴が「完全主義」です。完全主義であれば、確かに誰からも文句はでません。ところが、成果を出すためには、むしろ捨てた方が良いのがこの完全主義です。完全主義にこだわると、あらゆる方面に配慮しなければなりません。結果、肝心要の成果までついにたどり着くことができなくなります。

失敗の理由を考えない

成果が出せない人の3つ目の特徴が「失敗の理由を考えない」ことです。成果を出そうと思えば、新しい行動をするたびに、失敗が発生します。この失敗の中には、成功するためのエッセンスが多分に含まれています。失敗を無視して、失敗の理由を考えないと、良い結果を出せなかった理由を学ぶこともできません。よって成果を出すこともできません。

自分の勝ちパターンが出来上がっていない

成果が出せない人の4つ目の特徴が「自分の勝ちパターンが出来上がっていない」ことです。中々、成果が出せない人に共通しているのが、自分の勝ちパターンが出来上がっておらず、そもそもまだわかっていないことです。これを別の言い方に変えると、自分に合った仕事の進め方をしてないことでもあります。仮に目的がはっきりしていても、成果を出すためのやり方・方法がわかっていないと、当然いつまで経っても成果を出すことができません。

成果が出せる人の4つの特徴

圧倒的な行動量

成果が出せる人の1つ目の特徴は「圧倒的な行動量」です。成果を出す人に共通するのは、何よりも圧倒的な行動量ができていることです。そもそも普通の考動量では現状維持、少ない行動量では敗北・未達成になります。圧倒的な行動量ができているからこそ、成果につながります。

失敗にとらわれ過ぎない

成果が出せる人の2つ目の特徴は「失敗にとらわれ過ぎない」ことです。当然の話ですが、圧倒的な行動量があれば、失敗量も増加します。成果が出せない人は、いちいち失敗にとらわれ、右往左往、乱高下します。ところが成果を出せる人は、失敗した理由を分析はしますが、失敗自体にはとらわれることはありません。

走りながら解決策を実行する

成果が出せる人の3つ目の特徴は「走りながら解決策を実行する」ことです。圧倒的な行動をしていると、失敗が出てきます。成果が出せる人は、この失敗を冷静に分析して、修正や改善を繰り返し、解決策を次々に実行します。走りながら解決策を実行することで、やがて成果につながります。

最後までやりきる

成果が出せる人の4つ目の特徴は「最後までやりきる」ことです。最後までやりきれれば、間違いなく成果は出せます。成果を出せない人たちの多くは、成果にたどり着く前に諦めてしまっています。例え、目に見える成果が出ていない時でも、データをしっかりと集め、冷静に状況を分析しながら、最後までやりきる押しの強さを続けることで、成果を出すことができます。

「成果が出せる人の特徴」まとめ

・成果を出せない人は「目標(目的)」がはっきりしていない

・成果を出せない人は自分の勝ちパターンが出来上がっていない

・成果を出せる人は圧倒的な行動量がある

・成果を出せる人は走りながら解決策を実行する


【 起業支援 ・節税対策なら名古屋市北区の三宅正一郎税理士事務所にご相談下さい】

三宅正一郎税理士事務所 TOPへ戻る

名古屋市北区の三宅正一郎税理士事務所なら

完全成果報酬でサポート。

開業資金調達に大きく貢献することが出来ます。
創業融資はもちろん、会社設立、節税コンサル、決算確定申告など、
会社・税務に関する様々なサービスで御社をサポート致します。