採用情報

「リストラ」はピンチではない!逆にチャンスだ! 名古屋市北区で税理士なら三宅正一郎税理士事務所

三宅正一郎税理士事務所

税理士コラム

「リストラ」はピンチではない!逆にチャンスだ!

2020.11.13

あなたはリストラの経験がありますか?一般的にリストラのイメージといえば、どちらかといえばネガティブなイメージがあります。ところが、考え方を変えると、逆にポジティブなものに変わります。今回は 「リストラ」はピンチではない 逆にチャンスだ についてわかりやすくご紹介します。

リストラとは一体どんなものか?

リストラの定義とは?

世の中が不景気になると行われるのが「リストラ」です。では、リストラとは一体どんなものなのでしょうか?今回はリストラの定義とは「不採算事業からの撤退」という定義でご紹介します。なので、単なる人減らしという意味ではありません。

能力がないから、リストラではない

リストラに関して、誤解があります。それは「能力がないから、リストラされた」という悪いイメージです。ところがこれは全く当てはまりません。基本的にリストラが行われるほどの事業は、かなり高度なものが多いです。よって、その事業に関して、能力が高い人が含まれている可能性もあり、必ずしも無能だから対象となるわけではありません。

リストラは「クビ」ではない!

メディアの影響から、もう1つ誤解していることがあります。それは「リストラ=クビ」というイメージです。実際のリストラとは、ある会社で「不採算事業」が発生したことで、希望退職者やグループ内での移動を促すものです。小さい会社であれば、会社内での移動で済みます。ところが大企業になると、そうはいきません。1つの事業で10,000人単位の人が働いているからです。そこで「リストラ」が行われます。会社では「不採算事業からの撤退」という、大がかりな変革が行われます。なので、リストラとは社員のクビを切ることではなく、希望退職者やグループ内での移動を促すものになります。一般的に希望退職者には、好条件が提示されます。また、グループ内での移動に関しては若干条件が悪くなります。実はリストラは、希望退職者にとっては、伸び盛りの企業に転職したり、自分で事業を起こしたりとピンチではなく、チャンスでもあります。

会社が欲しい3つの人材とは?

①新しい事業を作れる人

会社が欲しい1つ目の人材が「新しい事業を作れる人」です。ちょっと矛盾した話になりますが、会社では「作業だけする人」はやがて不要になります。「作業」は、新人にやらせたり、外注に回せたりと振り替えができるからです。会社が欲しい人材とは、作業をする人ではなく「新しい事業を作れる人」なのです。

➁お金を稼げる人

会社が欲しい2つ目の人材が「お金を稼げる人」です。会社目線で見ると「作業だけする人」は「経費」に映ります。ところが「お金を稼げる人」は「売上」に映ります。真面目に仕事をすることは大事なことです。ただし、会社組織は「採算」で見るところがあります。よって、どうしても「売上」がある「お金を稼げる人」を評価してしまいがちです。

➂コネクションを持っている人

会社が欲しい3つ目の人材が「コネクションを持っている人」です。ビジネスのキモはやっぱり「コネクション」です。仮に物販であれば「どこから仕入れて、どこに売るか」にかかってきます。「どこから」と「どこに」の2つのコネクションをおさえていることで、その人に価値が生まれます。

リストラのピンチをチャンスに変えられる3つの人材

①常に危機感を持って仕事をしている人 

リストラのピンチをチャンスに変えられる1つ目の人材が「常に危機感を持って仕事をしている人」です。リストラを宣告されて最も不安に思う人たちは、これまで危機感を持たずに仕事をしていた人たちです。理由は、真面目に仕事をしていれば、クビになることがないからです。ところが常に危機感を持って仕事をしている人たちは「いつ今の仕事がなくなるかも知れない」と思って仕事をしています。よって、リストラを宣告されても、平常運転です。

➁変化を好む人 

リストラのピンチをチャンスに変えられる2つ目の人材が「変化を好む人」です。変化を好まない人は、配置換えやリストラを嫌います。できれば、同じことを、失敗なくやりたいと思っています。それに対して変化を好む人は、むしろ環境が変わることを歓迎します。配置換えやリストラをよろこんで受け入れます。彼らは、事業には寿命があり、いつかは終わりが来ることを知っているからです。そのため「予兆」が出た時には、変化したいと思っています。

➂新しいことに挑戦することが好きな人

リストラのピンチをチャンスに変えられる3つ目の人材が「新しいことに挑戦することが好きな人」です。世の中には、極度に保守的な人と革新的な人がいます。通常、若い頃はたいていが革新的です。ところが年齢を重ねると、新しいことに対して臆病になります。よって「リストラが自分の人生の終わり」と思いこむ人もいます。ところが、いくつになっても、新しいことに挑戦することが好きな人は、常に気持ちは「若者の頃」と同じです。よって、リストラ宣告された途端、次の新しい挑戦にチャレンジを開始します。なので、リストラを機にかえって、大きく伸びます。

「リストラ」はピンチではない!逆にチャンスだ!記事まとめ

・リストラの定義とは、不採算事業からの撤退。単なる人減らしではない。

・常に危機感を持って仕事をしていることで、リストラのピンチをチャンスに変えられる。

・新しいことに挑戦することで、リストラのピンチをチャンスに変えられる。


【 起業支援 ・節税対策なら名古屋市北区の三宅正一郎税理士事務所にご相談下さい】

三宅正一郎税理士事務所 TOPへ戻る

名古屋市北区の三宅正一郎税理士事務所なら

完全成果報酬でサポート。

開業資金調達に大きく貢献することが出来ます。
創業融資はもちろん、会社設立、節税コンサル、決算確定申告など、
会社・税務に関する様々なサービスで御社をサポート致します。