採用情報

「ABテスト」で思い付き行動脱却!同時進行で成果率が一目瞭然! 名古屋市北区で税理士なら三宅正一郎税理士事務所

三宅正一郎税理士事務所

税理士コラム

「ABテスト」で思い付き行動脱却!同時進行で成果率が一目瞭然!

2020.11.20

あなたは「ABテスト」をする人ですか?それともしない人ですか?ビジネスにおいて、目的を達成するためには、戦略が必要になります。その戦略が上手く機能すれば、成功を手に入れることができます。ところが場合によっては、その戦略が悪影響を及ぼし、ビジネスに大ピンチを招くことがあります。戦略を成功に導くためにおすすめするのが「ABテスト」です。では「ABテスト」とは一体どんなものなのでしょうか。今回は「ABテスト」で思い付き行動脱却 同時進行で成果率が一目瞭然 についてわかりやすくご紹介します。

ABテストとは一体どんなものか?

ABテストの定義について

最近ビジネスで、施策のテストをする時に、ABテストというものがよく採用されるようになりました。では、ABテストとは一体どんなものなのでしょうか。今回はABテストの定義とは「Aという基準とBという比較対象をテストをして、より成果率が高い方を採用する」こととします。簡単にいうと「基準となるA」と「Aを若干変更したB」の2つを比較して、テストをすることです。これをユーザーを対象にテストを行い、より成果率が高い方を採用することになります。

ABテストはウェブマーケティングが起源

ABテストとは、元々はウェブマーケティングで採用されていたテストです。ところが最近は、単にウェブマーケティングだけでなく、あらゆるビジネスにも使われるようになりました。ABテストは非常に手軽です。初心者でも、ポイントを抑えれば、簡単にできることから、利用者は増加傾向にあります。

ABテストは継続することで、より成果率を向上させることができる

ABテストは1回行えば、それで終了ではありません。ABテストの結果、成果率が高い方が出ます。次に、その成果率が高い方を「基準A」とします。また、もう一つ「Aを若干変更したB」を作成します。このAとBで、再度ABテストを行います。これを継続することで、成果率を無限に向上させていくことができます。

ABテストをしない3つのデメリット!

①別の複雑なテストが採用される

ABテストをしない1つ目のデメリットが「別の複雑なテストが採用される」ことです。ABテストはシンプルで、簡単で、だれでもできるテストです。やり方は「基準になるA」と「Aを若干変更したB」を作成し、テストするだけです。結果も明確で、わかりやすいです。

ところがABテストが採用されないことで、別の複雑なテストが採用されることがあります。もし複雑なテストが採用されると、手間がかかり、扱う方も厄介になります。

➁工数がかかり、高コスト化する

ABテストをしない2つ目のデメリットが「工数がかかり、高コスト化する」ことです。ABテストは「基準サンプル+若干変更したサンプル」のみで、準備はOKです。そのため、わざわざ新規テストを1から作成する手間がほとんどかかりません。結果、工数がかからないことから、高コスト化を回避することがきます。

➂トレンドが読みにくくなる

ABテストをしない3つ目のデメリットが「トレンドが読みにくくなる」ことです。ABテストは、シンプルで、わかりやすいテストです。よってトレンドを読むには最適です。

あるトレンドに沿って、ABテストを繰り返すだけなので、現在の最も大きなトレンドが何かが簡単にわかります。もしABテストを使わないと、トレンドが読みにくくなります。

ABテストをすることでの3つのメリット!

①数値を可視化できて、簡単に比較できる

ABテストをすることでの1つ目のメリットが「数値を可視化できて、簡単に比較できる」ことです。ABテストすることで、データが蓄積されます。当然データには、数値がでます。しかも、AとBという比較に最も適した2つのサンプルがそろいます。よって、数値を可視化できて、簡単に比較することができます。

➁ユーザーの行動・趣向の最大公約数がわかる

ABテストをすることでの2つ目のメリットが「ユーザーの行動・趣向の最大公約数がわかる」ことです。ABテストは回数を重ねるたびに、成果率が高いサンプルの方が、次にも採用されます。すると、ユーザーの行動・趣向の最大公約数が、結果に反映されることになります。よって、ユーザーの行動・趣向の最大公約数に向けた、的確な施策を行うことができます。

➂思い付きの行動が脱却でき、成果率が一目瞭然でわかる

ABテストをすることでの3つ目のメリットが「思い付きの行動が脱却でき、成果率が一目瞭然でわかる」ことです。ABテストには、必ず基準があります。しかもその基準は、成果率が高いサンプルです。そのため、テストの根拠が明確です。よって、根拠がない、思い付きの行動が脱却できます。信用できる確かなデータがあるため、成果率が一目瞭然でわかります。

「ABテスト」で思い付き行動脱却!同時進行で成果率が一目瞭然!
記事まとめ

・ABテストの定義は、Aという基準とBという比較対象をテストをして、より成果率が高い方を採用すること

・ABテストは数値を可視化できて、簡単に比較できる

・ABテストは思い付きの行動から脱却でき、成果率が一目瞭然でわかる


【 起業支援 ・節税対策なら名古屋市北区の三宅正一郎税理士事務所にご相談下さい】

三宅正一郎税理士事務所 TOPへ戻る

名古屋市北区の三宅正一郎税理士事務所なら

完全成果報酬でサポート。

開業資金調達に大きく貢献することが出来ます。
創業融資はもちろん、会社設立、節税コンサル、決算確定申告など、
会社・税務に関する様々なサービスで御社をサポート致します。