採用情報

パクり上手になる~真似るということ~ 名古屋市北区で税理士なら三宅正一郎税理士事務所

三宅正一郎税理士事務所

税理士コラム

パクり上手になる~真似るということ~

2019.07.21

パクると聞くと、正直良いイメージはないかもしれません。ただ、上手くいっている人を参考にすることで、自分に何が足りないかに気づけることがあります。特にビジネスの世界では、真似をすることが大事だと言われます。自分らしさや個性がなくなってしまうのでは、と躊躇する人も多いかもしれませんが、実は人の真似こそ最大の武器になるのです。

<真似することから始めよう>

かつて部活をやっていた方なら、思い当たるところがあるのではないでしょうか。あるいはバンドをやっていた方も、最初のうちはコピーから入ることが多かったかと思います。
世の中で活躍するスポーツ選手の中には、先日引退したイチロー選手など、独自の打法を生み出すような一流プレイヤーもいます。
彼らは、初めからオリジナルをやろうと思っていたのでしょうか?
結論から言えば、そうではありません。
彼にまつわる書籍によれば、最初は教わった通りに見て真似るところから始めたそうです。
決して最初から人と違うことを練習していたわけではありませんでした。
その中で、どうしても上手くいかない部分は変えてみたり、何度も何度も試行錯誤を繰り返し、自分に合ったやり方を見つけていきました。
黒字経営の飲食店をいくつも経営している方に、繁盛するお店をつくるにはどうすればいいか、秘訣を聞いてみました。とにかく美味しい、雰囲気がいい、オシャレ、清潔感がある、など様々な要素が必要です。しかし、一番大事なのはリピートしていただけるようなサービスや接客だと言います。また来たくなるサービス・接客があってこそ、一見さんではなく、ファンになる人が徐々に増えていくそうです。
従業員には、先輩をどんどんパクれと言い、結果自分で考えて動ける社員やアルバイトが育ったと言います。オーナー自身も、上手くいっているお店をたくさん見てまわって、おしぼり一つから真似していったのだそうです。

<メンターを作る>

会社勤めや個人で仕事をしている人の場合は、お手本にしたい人物を見つけるのが手っ取り早いと思います。
よくよく観察してみると、口癖や仕草、持ち物など自分とは違う部分がたくさんあることに気づきます。
自分より結果を出している人や、この人みたいになりたいと思う人を見つけて、その人に少しでも近づこうとすること、その差を埋めようとすることがとても重要になってきます。
また、真似するというのは観察力でもあります。
きっと結果を出している人は、自分がやっていない何かをやっているはずです。
その人と何が違うのか、真似しようと思ったときに初めて「ここが違ったのか」「ここが足りていなかった」など今まで意識していなかった部分に気づくことができます。

<関係なさそうなこともパクってみる>

メンターとなる人物を真似しようと思ったとき、良いと思った部分だけを取り入れる方もいるのではないでしょうか。
ところが一見役に立たないことや、これは関係ないだろうと思うものも、とりあえず何でも真似してみることが大切だと言われます。
そうすることで、その人の考え方に近づけるからです。
何のためにやっているのかわからない部分や、中身だけでなく見た目の髪型やファッションや歩き方なども、よく観察して真似してみてください。
そのときは意味がわからなくてもいいのです。
そのうち、この人だったら何て言うかな、こういう時どうするかな、といった思考に及ぶまで、だんだん想像できるようになっていきます。
例えば赤いネクタイが好きだったとしても、その人が青いネクタイをしていたら、理由はわからなくても青いネクタイをしてみる。すると、実際にやってみて初めて「青いネクタイの方が誠実な人に見られやすい」という事実に気づけたりします。

<まとめ>

・最初からオリジナルをやろうとしない
・真似することで、上手くいっている人との差を埋めていく
・真似しようと思ったときに初めて、自覚していなかった部分に気づくことができる
・関係なさそうな部分も、とりあえず真似してやってみる
【 起業支援 ・節税対策なら名古屋市北区の三宅正一郎税理士事務所にご相談下さい】

三宅正一郎税理士事務所 TOPへ戻る

名古屋市北区の三宅正一郎税理士事務所なら

完全成果報酬でサポート。

開業資金調達に大きく貢献することが出来ます。
創業融資はもちろん、会社設立、節税コンサル、決算確定申告など、
会社・税務に関する様々なサービスで御社をサポート致します。